モンテセラピー

人間が持っている美しく健康な状態に心身を整えキープし続ける力を“恒常性維持機能”といいます。
モンテセラピーは東洋医学の考え方をベースにツボや経絡を刺激し恒常性維持機能を高める事で、ボディライン、フェイスラインの歪みやタルミを解消しホルモンバランスを整え、免疫力を高めます。
私たちの体にふりかかる様々なトラブルを解消し、美しく時を過ごすための“自分力”を鍛えるーこれがモンテセラピートリートメントです。

日本の美=健康を守るのは日本で生まれたモンテセラピー

モンテセラピーは古来より実証的なデータに基づいて確立された東洋医学をベースに考えられました。
東洋医学は中国より伝来し近代まで日本の四季の中で私達の心身を守る為に発達して来ました。
地球の自然環境や季節の変化を敏感に感じとり、どの季節にも対応し、自然の恩恵を受けながら美しく健康に過ごす知恵が、東洋医学には沢山詰まっています。


東洋医学では経絡はツボとツボを結んだ生命エネルギーの伝達ラインと考えられ「気・血・水」の流れをコントロールし、全身の機能を正常に働かせていると考えます。